不妊サプリメントランキングTOP3をご紹介!

Pocket

不妊に悩む女性にもオススメ!今話題の人気サプリメントをランキング形式でご紹介します!

妊活中や妊娠中の女性は、普段以上に、体に気を遣いますよね。

少しでもいいものを、少しでも効果のあるものを、と考えて生活されている方も少なくないと思います!

そんな方に是非お試しいただきたいサプリメントについてご紹介していきます!

今ネット上でよく目にする「葉酸」についても解説していきますよ♪

妊活中の女性、妊娠中のママやお腹の中の赤ちゃんにとてもいい栄養素なんです!

では早速ご紹介していきます!

意外と難しい、サプリメント選び

不妊 サプリメント ランキング

出典:http://www.aphlblog.org/2016/11/antimicrobial-resistance-what-is-it-why-is-it-a-problem-what-is-being-done-to-stop-it/

必要な栄養素を全て食事で吸収することはとても難しいですよね。

気を付けていても不足していたり、偏ってしまったり・・・

それを手軽に補えるサプリメントはとても重宝しますよね!

心強い味方になってくれます!

しかし、手当たり次第にサプリメントを摂取するのは、過剰摂取に繋がる可能性があります。

薬ではないものの、栄養も取りすぎては危険なものもある事を是非知っておいて頂きたいと思います!

 

栄養の過剰摂取!そのリスクは?

今回は身近な栄養素「ビタミン」を例にご紹介させて頂きます!

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

水溶性ビタミンは過剰に摂取しても余分なものは尿として排出されるので、副作用について心配になることはあまりありません。

水溶性ビタミンとは・・・

  • ビタミンC
  • ビタミンB群(B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチン)

一方で脂溶性ビタミンは、水に溶けずに脂肪組織や肝臓に貯蔵されるため、過剰に摂取すると副作用を生じる場合があります!

脂溶性ビタミンとは・・・

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

 

過剰摂取による副作用

  • ビタミンA :脱毛・唇のひび割れ・皮膚の乾燥・骨の弱化・頭痛・脳圧の上昇ビタミンA 脱毛・唇のひび割れ・皮膚の乾燥・骨の弱化・頭痛・脳圧の上昇
  • ビタミンD: 食欲減退・吐き気・嘔吐・乾き・脱力感・神経過敏・高血圧・腎不全
  • ビタミンE: 筋力低下・疲労・吐き気・下痢
  • ビタミンK :大量に摂取しても毒性なし

 

「その時に必要な栄養素」を「必要な分だけ」摂取することが大切です!

ここからは、妊娠中・妊活中に摂取したい栄養素についてご紹介していきます!

 

妊活中の女性に必要な栄養素とは?

不妊 サプリメント ランキング

妊娠・妊活に必要な栄養素とはそもそも何なのでしょうか?

ここでは、必要とされている栄養素の働きについてご紹介していきます!

なるべく摂取することを負担にならない程度に意識してみてくださいね~♪

 

妊活に効果的な栄養素一覧

  • たんぱく質
  • 亜鉛
  • ビタミンB群
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • カルシウム

それでは順にご紹介いたします!

 

たんぱく質の役割とは?

 

妊娠体質をつくる基本の栄養素です。

皮膚や筋肉、血管、内臓、骨、歯、爪はもちろん、酵素やホルモンもたんぱく質から作られます。

また、いろんな栄養素を細胞に届け、活性化させるのも、たんぱく質の重要な役割です。

「肉や魚を食べすぎるとコレステロールが心配」という人もいますが、コレステロールは女性ホルモンの材料ですので、妊娠しやすい体づくりには、むしろ必要です!

 

たんぱく質を多く含む食べ物

  • 牛肉:ヒレ肉、サーロイン、肩ロース、もも、赤身ひき肉、コンビーフ(缶詰)、ローストビーフ
  • 豚肉:ロース、骨付き豚肉
  • 鳥肉:鶏もも、鶏ささみ、鶏むね、鶏ハツ、鶏手羽元、砂肝、かも肉…など。
  • 魚介:あじ、さわら、まぐろ赤身、とび魚、さば、かつお、かれい、たら、さんま、うなぎ、いわし、ぶり、たい、ひらめ、すずき、ホタテ、イカ、エビ…など。
  • 豆:大豆、大豆粉、レンズ豆、そら豆、枝豆、ひよこ豆、いんげん豆、アーモンド、納豆、豆腐、がんもどき、練りごま…など。
  • 卵・乳製品:卵、ヨーグルト、チーズ、牛乳…など。

 

鉄の役割とは?

たんぱく質に次いで妊娠に必要な栄養素で、粘膜をつくる材料です。

粘膜はクッションの役割を果たします。赤ちゃんが居心地のいい、ふかふかベッドを作りましょう。

貧血、疲れやすい、ニキビや湿疹ができやすいのは、鉄欠乏のサインです。

鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄があり、吸収効率はヘム鉄が勝りますが、その他の栄養も重要ですから、両方からとるようにしましょう。

 

鉄を多く含む食べ物

  • ヘム鉄:牛・豚・鶏のレバー、かも肉、牛ヒレ肉、牛サーロイン肉、牛もも肉、コンビーフ(缶詰)、馬肉、骨付き豚肉、鶏手羽元、鶏もも肉、砂肝、かつお、まぐろ、煮干し、さば、いわし、赤貝
  • 非ヘム鉄:あさり、ほたて貝柱、ほうれん草、小松菜、大豆、いんげん豆、がんもどき、焼き豆腐、厚揚げ、そら豆、かぶの葉、大根の葉、さつまいも、切り干し大根、豆乳…など。

 

亜鉛の役割とは?

不足している人が圧倒的に多い栄養素。

鉄同様に粘膜をつくる材料で、子宮環境を整えるために必要です。

加工食品に偏った食事や極端なダイエットは亜鉛不足を招くことになり、その結果、女性ホルモンの働きが低下し、卵子の発育に支障が出ることも。

妊娠初期に赤ちゃんの細胞分裂を促す働きもあるので、妊娠前からしっかりとりましょう。

 

亜鉛を多く含む食べ物

  • 肉:牛ヒレ肉、牛サーロイン、牛肩ロース、牛もも肉、コンビーフ(缶詰)、ローストビーフ、ラム肉、牛・豚・鶏のレバー…など。
  • 魚:かき、かに(缶詰)、うなぎ、ほたて貝柱、いいだこ、さば、さけ、あさり、煮干し、するめ…など。
  • 豆・乳製品:カマンベールチーズ、パルメザンチーズ、カシューナッツ、アーモンド…など。

 

ビタミンAの役割とは?

ビタミンAにも子宮をフカフカのベッドにしてくれる、つまり子宮環境を整え、着床を促す働きがあります。

また、免疫力アップ、生殖機能を維持する働きもあるため、赤ちゃんが欲しいと思ったら、ぜひともとりたい栄養素です。

細胞の増殖や分化、とくに骨や神経系の分化や形態形成に深く関わりがあり、妊娠初期の赤ちゃんの細胞分裂も助けます。

 

野菜ビタミンAを多く含む食べ物

  • 肉:牛・豚・鶏のレバー
  • 魚:あんこう肝、うなぎ、銀だら、ほたるいか、あなご、わかさぎ、いくら
  • 野菜:にんじん、モロヘイヤ、かぼちゃ、ほうれん草、春菊、小松菜、にら、すいか、みかん
  • 卵:卵黄

 

ビタミンEの役割とは?

別名「妊娠ビタミン」。排卵の促進、卵巣重量の増加などの効果が期待でき、妊娠しやすい体づくりに不可欠な栄養素です。

自律神経に働きかけてホルモンバランスを調整してくれるので、生理痛や月経不順に悩む人は積極的に摂取を。

血行を促す作用で、冷えやむくみを解消し、妊娠時には胎盤の血流を促します。

さらに見逃せないのは、強い抗酸化作用。

体のサビ=酸化を防いでくれるため、脳や血管はもちろん、卵子のアンチエイジングにも役立ちます。

 

野菜・果物ビタミンEを多く含む食べ物

  • 豆・野菜・果物など:アーモンド、アボカド、ヘーゼルナッツ、落花生、かぼちゃ、さつまいも、モロヘイヤ、赤ピーマン、ほうれん草、キウイ、豆乳、厚揚げ
  • 魚介:かに(水煮缶)、ツナ(缶詰)、オイルサーディン(缶詰)、あゆ、はまち、銀だら、にじます、いくら、たらこ、甘えび、ぶり

 

カルシウムの役割とは?

骨や歯をつくるほかに、自律神経の調整、筋肉や毛細血管の収縮・弛緩とも関わる栄養素。

イライラを沈め、精神を安定させる働きもあるので、メンタル面でもサポートしてくれます。

妊娠中に足がつったりするのは、カルシウムの欠乏症状です。

 

カルシウムを多く含む食べ物

  • 魚介:煮干し、干しエビ、ドジョウ、うなぎ、さば、いわし、さけ、わかさぎ、ししゃも、魚肉ソーセージ、かまぼこ、桜えび、オイルサーディン(缶詰)
  • 牛乳・乳製品:牛乳、ヨーグルト、チーズ
  • 豆・野菜:豆腐、ごま、かぶの葉、モロヘイヤ、小松菜、大根の葉

 

ビタミンB群の役割とは?

エネルギーの原材料である、たんぱく質、糖質、脂質は、体内で消化・吸収されることでエネルギーとして使われます。

この代謝活動に欠かせないのがビタミンB群。

なかでも注目すべきは、葉酸とビタミンB12、ビオチン、ビタミンB6。

とくに葉酸は赤ちゃんの初期の脳の発育を助け、神経をつくる働きがあります。妊娠前から意識してとりましょう。

 

ビタミンB(群)を多く含む食べ物

  • 肉:牛・豚・鶏のレバー、牛肉(サーロイン、ヒレ)、かも肉、豚(ヒレ、ロース)、鶏(胸、ささみ)
  • 魚介:うなぎ、まぐろ、かつお、さんま、さば、あさり、赤貝、ほたて貝柱、いくら、いわし、かき、しじみ、さけ、はまぐり、ぶり、ひらめ、生うに
  • 野菜・果物ほか:バナナ、ピスタチオ、モロヘイヤ、さつまいも、かぼちゃ、酒かす、菜の花、玉露、グリーンアスパラガス、ほうれん草、モロヘイヤ、春菊、枝豆、小松菜、そら豆、ブロッコリー、いちご、マンゴー、エリンギ、焼きのり

>>妊娠戦でお困りの方はこちら!

妊娠中・妊活中の女性にオススメの栄養素「葉酸」

不妊 サプリメント ランキング

特に積極的に摂取したいオススメの栄養素が『葉酸』です!

上記でもご紹介した、水溶性ビタミンのビタミンB群の一種で、葉酸の過剰摂取による疾患は認められていません。

たとえ、必要摂取量を多少オーバーしてしまっても、葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰分は尿の中に排出されてしまいます。

敏感にならず、積極的に摂取することが大切です!

 

葉酸とは?

代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。

そのため、細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。

ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。

特に、核酸とはDNAやRNAのことで、細胞の核の中にあって遺伝情報を保存し、遺伝情報の通りに身体をつくっていく指令を出すところ。

いわば、生命の根幹です。

赤血球の生産を助ける葉酸の不足は、生活習慣病などの心血管系疾患や、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血)を引き起こす原因のひとつとされています。

また、細胞の産生を助けるそのはたらきから、細胞分裂の盛んな箇所で欠乏症状が現れやすいことが知られています。

代表として、免疫機能減衰、消化管機能異常などがあげられます。

このほか、お酒を大量に飲む人、アスピリンや避妊薬のピルを飲んでいる人も欠乏しやすくなるので、十分な摂取を心がけましょう。

お母さんや赤ちゃんだけでなく、葉酸は、人の体にとって必要な栄養素なのです。

 

厚生労働省もオススメ!

厚生労働省は、妊娠を計画している1か月以上前から、400マイクログラムの葉酸を補助的に摂取することをすすめています。

さらに妊婦への推奨量は440マイクログラムです。

2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されています!

しかしグラムで言われてもピンとこない方もいますよね・・・?

どんな食材にどれだけの量が含まれるのか下記でご紹介していきます!

 

『葉酸』が多く含まれる食材

葉酸は、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

その他にも、レバーや豆類など、日常、口にするものから摂ることができます。

しかし、水・熱・光に弱いため、調理で栄養を損失してしまうことが多く、ふだんからこれらの食材を食べていても、不足がちになってしまいます。

葉酸400マイクログラムを摂るには、ほうれん草なら約200g、1束分に相当します。

決して少ない量ではありませんよね。

しかも調理にも気を配らなければならず、献立を考えるのも一苦労です。

それを継続しようと思うと負担に感じてしまうかもしれません。

 

『葉酸』サプリを選ぶコツ!

不妊 サプリメント ランキング

①天然葉酸と合成葉酸

サプリメントに使われる葉酸には、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)と合成葉酸(モノグルタミン酸型)がありますが、厚生省が摂取を推奨しているのは合成葉酸です。

天然葉酸で胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らしたという報告はありません。

厚生労働省は、合成葉酸(モノグルタミン酸型)400μgの摂取を推奨していますが、これを天然葉酸(ポリグルタミン酸型)で摂る場合、吸収率の違いから800μg摂る必要があります。

天然葉酸(ポリグルタミン酸型)400μg配合!と謳われていても、推奨値の半分しか摂取できない点をご留意下さい。

 

②無添加が良いのか

まず、無添加=高品質、無添加=安全ではありません。厚生省でも、それについて言及しています。

そもそも、無添加とは、添加物が全く入っていない商品にだけ用いられている訳ではありません。

着色料のみ無添加でも無添加と表記される場合もありますし、防腐剤だけが無添加の商品でも無添加と表記されることもあります。

 

③何を基準に選ぶべきか

重要なのは、「きちんとした管理体制で作られていて、本当に表示通りの成分が配合されているか」です。

実際、サプリメントは外から見ても、口に入れても、中の成分がどんなものなのかは、表示された情報以外からはわかりません。

製造や管理体制、商品の検査などが、しっかりとしていて、第三者機関などからも検査を受けている物を選びたいです。

実際に、過去に行われた行政の検査では、国産の葉酸サプリでは、全ての商品が表示の誤差の範囲内で葉酸が含まれていましたが、海外のものでは一部、表示されていた葉酸量の半分しか葉酸が入っていなかったものがありました。

 

『葉酸』が摂取できる!人気サプリメントTOP3!

不妊 サプリメント ランキング

出典:http://diet-diet.jp/2016/11/18/aisareyosan_gotoumaki/

最近では女性の間で話題になり、数多くのサプリメントが発売されています!

そうなるとどれを飲んだら良いのやら・・・と、悩んでしまいますよねw

上記の「葉酸」サプリの選び方のコツを踏まえて、人気のサプリTOP3をランキング形式でご紹介します!

是非参考にしてみてくださいね♪

 

第3位!赤ちゃんの未来のためにかしこく補う【ノコア】葉酸+DHA/EPA

不妊 サプリメント ランキング

出典:http://xn--eckp0a6eh4f6c9c2dw143izk4a.com/dha%E9%85%8D%E5%90%88%E3%81%AE%E8%91%89%E9%85%B8%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AAnocor%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%81%AF%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%97%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%A7%E9%A3%B2/

「ノコア インナーコアグローアップサプリメント」は、「初めてのたまごクラブ」などの、各メディアなどでも紹介されている、今注目の葉酸+DHA/EPAサプリです。

このサプリメントの大きな特徴は、妊娠前~産後に必要な栄養素として広く知られている葉酸に加え、さらに今注目されているオメガ3脂肪酸「DHA・EPA」を同時に摂取できる点です。

魚類に多いDHA・EPAは、人間の体内で合成できない必須脂肪酸で、毎日の食事から摂る必要がありますが、日本人の食生活の変化などにより、現代のママに不足しがちな栄養素です。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんにとって大切な器官が形成されるとき。赤ちゃんの学ぶ力とも関わっているDHA・EPAを、葉酸と同様にママがしっかり摂取してあげる必要があるのです。

ノコア インナーコアグローアップサプリメントに配合されているDHA・EPAは、従来多かった魚由来のものではなく、海藻(微細藻)をクリーンな環境で培養した、次世代の植物性DHA・EPAです。

そのため、妊婦さんもうれしい放射能・水銀リスクフリーのDHA・EPAをたっぷり300mg摂取することができます。

もちろん、妊娠中欠かせないモノグルタミン酸型葉酸もしっかり480μg配合されており、さらに、鉄分・カルシウムに各種ビタミンも配合。

レシチン、ラクトフェリン、ココナッツオイルと、妊活期~授乳期をサポートするこだわり成分まで含まれており、まさにママと赤ちゃんを幅広くサポートしてくれるサプリといえます。

安全性に関しても、国内GMP認定工場にて製造され、香料や保存料などの余計な添加物は使用されていません。すべての成分をきちんと公開しているのも、信頼性があるといえます。

初回購入なら10日間の返金保証があるため、気軽に試すことができるのも嬉しいポイント。

また、葉酸にDHA/EPAを配合したサプリメントの中では一般的な価格帯ですが、DHA/EPAが300mgとたっぷり含まれており、さまざまな栄養素もバランス良く配合されているため、他のサプリメントを併用しなくてすみます。

  • 胎児の育能のためにDHA/EPAも摂取したい
  • 葉酸以外の栄養素もバランスよく補給したい
  • なるべくお手頃な価格で続けたい

といった方にぴったりのサプリメントといえます。

 

価格

  • 定期初回特別価格 28日分 3,980円(税送料込)1日あたり142円
  • 定期2回目以降 4,980円(税送料込)1日あたり178円
  • 通常価格 6,980円(税込)

>>初回申し込みはこちら<<

 

使用者の感想やクチコミは?

28歳女性

28歳女性
今妊娠中の為、毎日飲んでいます★葉酸のサプリって妊娠中や妊活中に必要な栄養素だとわかっていても中々どのメーカーの物を飲んだら良いのかわかりませんでした!このノコアのサプリメントはDHAやマルチビタミンも摂取できるから一度に必要な栄養素をとれる事に満足しています!1日6粒と量は多めに感じるけど、つるんの小粒なので飲みやすいです★
30歳女性

30歳女性
妊活、妊娠中に必要と言われている葉酸に加え、DHA/EPAが配合されているというこのサプリメント。
妊娠中のママがDHAを摂ると、胎児の育脳、早産の予防、糖尿病の予防、アレルギー予防、精神安定やストレスの緩和などの効果が期待できるそうです。
1日6粒と量が多くて大変かもしれませんが、がんばって飲む価値はあると思います。
小粒でツルンとしているので飲みやすいのは有難いです。
32歳女性

32歳女性
妊活中なので積極的に飲んでいます。まだ赤ちゃん授かっていないので何とも言えませんが、続けやすい値段、そして小粒なので飲みやすいと思いました。育脳効果もあるみたいです。
美肌にもうれしい成分がしっかり入っているから、妊娠中の肌荒れとかにもよさそうです。
38歳女性

38歳女性
ワタシは妊活目的で飲んだのですが、普通の葉酸とはちょっと違います。葉酸+DHAとEPAが配合されています。結構珍しいですよね!!1日に飲むのは6粒。固めのソフトカプセルで、指で押したり歯で噛んでもびくともしません(笑)味はありませんでした。モノグルタミン酸型葉酸が480マイクログラムというのも妊活にはありがたい!!未来の子どものために・・・お守りみたいに飲んでいました
不妊 サプリメント ランキング

 

第2位!貧血、生理痛でお悩みの方必見!天然成分をぎゅぎゅっと詰め込んだ「めぐりの葉酸」

不妊 サプリメント ランキング

出典:https://lamune.jp/archives/1855

FABIUS(ファビウス)から発売された『めぐりの葉酸』。

めぐりの葉酸の最大のポイントは何と言っても『貧血に即効性の効果が期待できる』こと。

  1. 朝の目覚めから冴えない
  2. 通勤の満員電車がツライ
  3. 通勤中に座り混んでしまうことがある
  4. 体が重い感じがする、すっきりしない
  5. 生活リズムがバラバラ
  6. 元気が出ない
  7. 妊活に不安がある

これらの症状のある女性にオススメのサプリメントです!

原材料名の先頭に書いてあるものは「酵母」であり、原材料名は配合量が多いものから書かれるようになっているので、酵母がたくさん配合されていることがわかります。

さらにこの酵母は100%天然成分であるため、安心して身体に取り入れることができるようになっています。

それ以外にも、マカ粉末、硬化ナタネ油、サンゴ未焼成カルシウム、混合ハーブエキス、ローズヒップ末、ブドウ種子エキス、乳酸菌、大豆イソフラボン、コーンエキスなどの天然由来の成分がたくさん配合されているということがわかります。

めぐりの葉酸は、1日分が3粒と用量が少なく、粒も小さめに作られており、つわりの時期にも飲みやすい配慮を感じますね!

 

価格

  • 単品購入の場合約1ヶ月分(90粒)4298円(税込)1日あたり143円
  • 定期コース申込みで初回に限り650円(税込)
  • 定期コース2回目以降3758円(税込)1日あたり125円

>>初回申し込みはこちら<<

 

使用者の感想やクチコミは?

女性

女性
飲み始めてから4週間くらい経ちますが、 毎朝寝起きがとてもすっきりしていてとても気持ちよい*また、立ちくらみやめまいがほとんど無くなったので、 効いているよう・・・また、稲刈りで一日中動いていたのですが、 去年に比べて疲れが軽く、次の日全く筋肉痛にならなかったので、これもめぐりの葉酸のおかげかしら?飲み始めてからとても体の調子が良いので、 これからも続けて飲んで行きたいです
女性

女性
天然酵母由来100%の葉酸を使用していて、無添加、葉酸の他も天然素材100%使用。合成添加物も保存料も一切使用していないので毎日安心して摂取できます。しばらく続けて飲んでみると、立ちくらみとか減ったかなと思います。よくスッピンだと血色悪いって言われるんですけど、顔色もいつもよりいいねと言われました♪
32歳 女性

32歳 女性
めぐりの葉酸は1日たった3粒で、体の調子を整える栄養がバランスよく摂れるので助かります。これまで鉄分のサプリを飲んでいましたがあまり効果がなく、電車などで立っているのがしんどくて、職場につく頃には顔面蒼白!なんてことがありました。めぐりの葉酸を飲み始めてからは貧血の症状も緩和されて、一日元気に過ごすことができるようになりました。
26歳 女性

26歳 女性
現在授乳中ですが、妊娠がわかった時からずっと飲んでいます。今必要な栄養素が1粒にギュッと詰まっているからありがたいですね。さらに、いろいろ一度に摂れて便利なのに、合成添加物や保存料も一切使用入っていないのが魅力です。めぐりの葉酸を飲み始めてから低血圧だった私の血圧が正常値になってきたのです。おかげで今まで毎朝起きるのがだるかったのが、すっきりと起きられるようになりました。冷え性も改善されたようで子育てに集中することができます。
不妊 サプリメント ランキング

 

第1位!ママと赤ちゃんを一番に考えたサプリ【愛され葉酸】

不妊 サプリメント ランキング

出典:http://let-me.jp/articles/JmTpV

愛され葉酸は、元モーニング娘。のタレント後藤真希さんが愛飲している葉酸サプリメントです。

400μgのモノグルタミン酸型の葉酸と摂れるのはもちろんのこと、鉄分、ビタミン、ミネラル、カルシウムと妊娠初期~妊娠後期まで必要な栄養素が含有されています。

他社商品との大きな違いは、なんといっても

  • ベビー乳酸菌、クリスパタス乳酸菌
  • DHA
  • ポリアミン

といった成分が入っていることでしょう。

ベビー乳酸菌(クリスパタス菌)、クリスパタス乳酸菌は、3粒(1日の摂取量)で約300億個も摂取することができ、腸内環境の改善が期待できます。

DHAは、赤ちゃんの脳の発育を良いと今注目の成分です。そのDHAも植物性を用いているため妊婦さんにも安心です。

ポリアミンは、新陳代謝や老化防止の働きがあり、美容効果も期待できるとあり、お肌のトラブルを抱えやすい妊娠期の助けとなるでしょう。

また、ビタミンB1,B2,B6や、マグネシウム、亜鉛といった、ビタミン、ミネラルが含まれており、これらは化学合成品や副原料を一切使用されておらず、安全面に配慮し天然のハーブから抽出されています。

気になる点としては、価格がやや高めというところです。

しかしながら、ベビー乳酸菌のサプリメントを購入しようとすると1か月分で2,000円から5,000円くらい。

また、DHAサプリメントに関しても同様に1か月分で2,000円から5,000円程度が相場です。

そのため、葉酸サプリメントと別個に、ベビー乳酸菌やDHAのサプリメントを摂ることを考えると、非常にお得とも言えます。

 

価格

  • 定期購入初回1058円(税込)
  • 定期購入2回目以降5378円(税込)1日あたり179円
  • 単品購入30日分8618円(税込)1日あたり287円
  • 送料350円別途必要

>>初回申し込みはこちら<<

 

 

使用者の感想やクチコミは?

27歳女性

27歳女性
とても飲みやすい葉酸サプリメントです。最近よく目にする葉酸ですが、こちらは話題になっていたのできになっていました。粒も小さめなのと、私はカプセルだと喉につくときがあるので錠剤なのも良いと思いました。毎日3粒飲み続けていたら貧血が軽くなってきました。サプリメントで効果が実感できる商品はそう多くないので良かったです。
38歳女性

38歳女性
妊活中の私としては、毎日飲むのが日課になっている葉酸。一粒の大きさにもこだわって作られているので、大きすぎず、飲みにくいと感じることはありませんでした。ほのかにレモンの香りがするので、飲みやすかったです。また、この愛され葉酸は、モノグルタミン酸葉酸が使用されているので、体内への吸収率がとても良く、妊娠中に必要な鉄分や乳酸菌もしっかり入っているので、嬉しいです。
女性

女性
私は年齢的に少し遅めの出産でした。なので自分の健康状態が凄く気になっていました。そんな時に「愛され葉酸」をしりました。飲むだけで簡単に葉酸をたくさん摂取できることを知った私はすぐに購入しました♪最初はどうなることだろうと不安でしたが、今は元気いっぱいです!これからも飲み続けます!
女性

女性
葉酸が食事で摂りにくいっていうのは知っていました。色々自分なりに調べたとき、サプリで摂ると簡単に葉酸の栄養が摂れることをしりました!そんな時「愛され葉酸」を見つけたんです。後藤真希さんが関わっていることもわかって安心して購入することができました!購入してからはずっと飲んでいます!おかげで体調も凄く良いんです!
不妊 原因

 

まとめ

不妊 サプリメント ランキング

今回は、妊活・妊娠中の女性にオススメのサプリメントTOP3をランキング形式でご紹介いたしました!

色々と栄養素についてもご紹介させて頂きましたが、中でも「葉酸」が大事という事をご理解いただければ光栄です♪

「葉酸」が必要不可欠で、取りすぎても神経質に気にする必要がない事や、人体に対しても安心安全であることを考えると、是非積極的に摂取したいですね!

妊活・妊娠と切り離してみても女性の体調を整えるために飲み続けることもいいかもしれません!

種類も豊富で価格もピンキリな「葉酸」サプリは選ぶのが難しいと思いますが、是非ご自身に合うものを探してみてくださいね♪

以上、不妊に悩む女性にもオススメの人気サプリメントをランキング形式でご紹介いたしました!

>>定期コースの前にまずはお試し初回980円で購入可能

関連記事

関連記事がありません。