不妊の原因不明について

不妊 原因不明
Pocket

不妊に悩む人の10~35%の方は原因不明だそうですね。

今回は、不妊の原因不明と診断された方、または不妊の原因が分からない方に不妊の考えられる原因について詳しくご説明していきます。

また、不妊でお悩みの方にこれからどういう事に気をつけていくべきなのかについてもお届けしていきます。

それでは不妊の考えられる原因・これからどういう事に気をつけていくべきなのかについて詳しくご説明していきます。

また、最後に妊活中の夫婦にお勧めサプリのご案内もしていますので、是非利用してみて下さいね。

最後まで、しっかりご覧ください。

原因不明の不妊とは?

不妊 原因不明

 

一般的な検査では特に問題点が発見されず、不妊の原因がわからない状態を原因不明不妊と呼んでいます。

不妊に悩む人の10~35%はこの原因不明不妊だそうですね。

しかし例えば腹腔鏡検査などの精密検査で詳しく調べると、これまでわからなかった原因が見つかることも多く原因不明不妊は約10%以下になると言われています。

ですから原因不明不妊と言われたけれど、赤ちゃんが欲しいをいう場合の選択肢は2つ。

そのまま様子をみて自然妊娠を目指すか、これまで受けていなかったより本格的な検査を受けるか。

年齢なども考え、パートナーをよく話し合ってどちらの方法を選ぶか決めましょう。

原因不明の不妊と言われて1年以上経つ方、女性の年齢が35歳以上の場合は、本格的な検査を勧められることが多いようです。

 

原因不明不妊の検査方法とは?

不妊 原因不明

 

本格的検査について、具体的にご紹介します。

 

腹腔鏡検査

 

お腹から腹腔鏡を挿入して、子宮、卵管、卵巣などの状態を内視鏡カメラで直接観察する検査。

全身麻酔で行う簡単な手術のような検査になるので、クリニックによって日帰りで行う所と一泊入院して行う所があります。

傷跡はおへその下と左右の脇腹に約1センチずつ、3箇所に残ります。

原因不明の不妊で多いのが、卵管の先端の周囲が癒着していることで起きる卵子ピックアップ障害というもの。

腹腔鏡検査ではこの卵子ピックアップ障害を診断すると同時に、癒着を剥離して、治療することができます。

また子宮内膜症や子宮筋腫などが見つかった場合も同時に治療可能です。

 

体外受精

 

体外受精というと不妊の治療のように感じますが、治療と同時に卵子の状態を調べることができます。

卵子の状態は年齢とともに老化し妊娠しにくくなるそうなので、35歳以上で原因不明の不妊のケースは、卵子の検査のためにも体外受精を勧めるクリニックも多いようです。

>>後藤真希がご愛用の”愛され葉酸”が初回980円で購入可能

 

原因不明の不妊はまず原因を見つける事が大事

不妊 原因不明

 

一般的な検査では特に異常は見つからず原因不明の不妊と言われても、より詳しい本格的な検査をすることで、妊娠を妨げている原因がはっきりすることも多くあります。

発見される主な原因をご紹介します。

 

着床障害

 

妊娠するために大変重要な段階なのが着床。

細胞分裂を繰り返しながら子宮へと移動した受精卵が子宮内膜に入って着床しないと、妊娠は成立しません。

この着床障害の原因は、子宮の状態に問題がある場合と、ホルモンに原因がある場合があります。

>>不妊原因は男性にもある?

 

不妊原因の着床障害の2つの原因について

 

子宮に問題がある場合

不妊 原因不明

 

子宮の状態に問題がある不妊も、先天性のものと、後天性のものがあります。

 

子宮奇形(先天性)

 

生まれつき子宮の形に異常があるケース。

奇形というとショッキングな言葉ですが、割に多くあり、そう珍しいことではないそうです。また子宮奇形だと必ず不妊になるというわけではなく、出産経験のある女性が他の検査でたまたま子宮奇形が発見される場合も。

多く見られる子宮奇形のパターンは、本来は逆三角形の一つの空間になっている子宮が二つに分かれている異常です。

このケースは子宮の内側が狭くなるため妊娠しにくくなり、妊娠しても流産しやすくなることに。

不妊の大きな原因になっている重症の奇形の場合は、外科手術で治療することもあります。

 

子宮内膜ポリープ(後天性)

 

子宮内膜ポリープとは粘膜などから発生するやわらかい良性腫瘍。

きのこのような形になり、大きさによっては、着床を妨げてしまうこともあると言われています。検査と同時に切除可能。

入院の必要はなく外来受診の際に治療できることが多いようです。

 

アッシャーマン症候群(後天性)

 

子宮内膜の細胞層の一部が子宮の内側に癒着している病気。

アッシャーマン症候群にかかっていると月経の出血量が極端に減る過少月経や月経が来なくなる無月経、また月経のたびに激しい痛みを起こす月経困難症などになること多いようです。

原因不明の不妊で月経時のこれらの症状がある人はアッシャーマン症候群を疑ってもいいかもしれません。

造影剤を入れて子宮内部の様子を詳しく調べる子宮卵管造影検査で診断ができます。

 

子宮筋腫(後天性)

 

子宮筋腫は、とてもポピュラーな子宮にできる良性の腫瘍で、女性の3人に1人には子宮筋腫があると言われています。

同じ両性の腫瘍であるポリープとの違いはその硬さ。

やわらかいポリープに比べて子宮筋腫は子宮の筋肉を作っている細胞が増殖したものなので、硬くてこりこりした状態です。

子宮筋腫があること自体は珍しいものではなく必ずしも治療が必要なわけではありませんが、大きさや出来ている位置により妊娠や出産の妨げになることも。

有名人では森三中の大島さんが妊娠の前に子宮筋腫の治療をしたことを公表しました。

>>不妊原因にストレスが大きく関係する?

 

ホルモンに原因がある場合

不妊 原因不明

 

受精卵が正常に着床して育つためには、子宮内膜が充分な厚くなる必要があります。

黄体ホルモンの分泌が悪いとこの子宮内膜が厚くならず不妊の原因に。

この場合は黄体ホルモン製剤を投与し子宮内膜を整える治療を行います。

>>不妊原因は女性にあるの?

 

子宮内膜症

 

子宮内膜症とは、卵巣や卵管、子宮の周囲の組織など子宮内膜以外のところに、子宮内膜ができてしまう病気。

子宮内膜とは、受精した卵が着床するためのベッドのような役割をする膜で、女性ホルモンや黄体ホルモンの働きによって育てられます。

月経が終わった後女性ホルモンの量が徐々に増加。

それに従って子宮内膜も厚くなります。

そして排卵が起き黄体ホルモンが分布されると、子宮内膜は受精卵が着床しやすいようにふかふかに。

妊娠しなかった時はこの子宮内膜が一気にはがれ落ちて、出血します。

これが月経周期のメカニズム。

子宮内膜症の人の場合は、子宮の内側以外、卵巣や卵管、子宮の周囲の組織にでも同じようなことが起き、毎月繰り返されることになります。

例えば卵巣に出来た場合は、毎月の出血で、吸収しきれなくなった血液が少しずつ溜まり、それが古くなり、茶色いドロドロの状態に。

まるでチョコレートのようになることから、チョコレート嚢胞と呼ばれています。

子宮内膜症は炎症や組織同士の癒着を引き起こすため、不妊の原因に。

子宮内膜症の患者の約8割が不妊症になっていると言われています。

子宮内膜症の症状は強い月経痛が起こりやすいこと。

激しい下腹部痛、腰痛などが起き、痛みは年々強まっていうことが多いようです。

臓器や組織の癒着があると、月経時以外でも下腹部痛や腰痛が起きます。

有名人では松浦亜弥さんが子宮内膜症を公表。

その後治療を続け妊娠に成功しました。

>>夫婦揃っての使用がオススメ葉酸サプリ”愛され葉酸”

 

子宮内膜症の場合の不妊治療法は?
不妊 原因不明

 

子宮内膜症が原因で不妊になっている場合の治療には、薬物療法と手術療法、体外受精があります。

 

  • 薬物療法

 

卵巣からのホルモンの分泌を抑制し月経を止めてしまう薬を使います。

点鼻薬と注射がありますが、薬の働きは同じ。

月経なければ子宮内膜症が起きている部分からの新しい出血がないため、貯まった血液は次第に吸収されていきます。

月経が始まったらすぐに治療を開始し、4~6ヶ月続けます。

治療後は、月経痛なども軽くなり妊娠しやすくなりますが、内膜症が完治するわけではないので時間が経つと再発する可能性も。

 

  • 手術療法

 

腹腔鏡を使った手術が一般的。お腹に小さな穴を複数開けて腹腔鏡を挿入し、癒着を剥離します。

出血も少なく傷の小さいので、体への負担も少なく、回復も早いです。

病巣が大きい場合は開腹手術を行うことも。

 

  • 体外受精

 

卵巣から採取した卵子と精子を体の外で受精させて子宮の中に戻します。

子宮内膜症が原因で卵管や卵巣に癒着があっても妊娠可能になります。

 

黄体化未破裂卵胞

不妊 原因不明

 

基礎体温を測ると、きちんと低温期と高温期に分かれていて排卵が起こっているように思えるのに妊娠しない方に多いと言われているのが、この黄体化未破裂卵胞。

卵胞が成熟しているにもかかわらず、実際は排卵せずにそのまま黄体化してしまう病気です。

 

黄体化未破裂卵胞の原因と治療法は?

 

下垂体から分泌されるホルモンに異常が起こったことによる黄体機能不全が黄体化未破裂卵胞の原因になることが多いと言われています。

またインドメタシンや非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与していると黄体化未破裂卵胞になるケースも。

治療はまず腹腔鏡検査で、黄体化未破裂卵胞の原因についてしっかり確認することから。

その後排卵誘発剤で治療し、効果が出なかった場合は体外受精を勧められることも多いようです。

 

卵管因子

卵管とは子宮体部の底部から左右に伸びている7~8cmの管で妊娠にとって重要な役割を担っている器官。

この卵管が癒着したり、閉鎖していたり、炎症を起こしてしていることが原因になっている不妊も多いと言われています。

卵管に異常があると、卵子が卵管内に入れなかったり、精子が卵子までたどりつくことができません。

また受精のステップまでは成立しても、その受精卵は卵管を通って子宮へと移動するため、卵管に異常があると、着床できず、不妊の原因に。卵管の異常でよく見つかるものをご紹介します。

 

卵管狭窄・卵管閉塞

 

卵管は細いところでは直径1ミリ程しかない非常に細い管です。

ここが癒着して狭くなったり詰まってしまうこと、精子や受精卵が通れなくなるため自然妊娠は望めなくなります。

卵管狭窄・卵管閉塞を引き起こす卵管炎の原因は感染による炎症、特にクラミジア感染症がほとんどだと言われています。

 

クラミジア感染症

 

性感染症の1つ。

女性は自覚症状が出にくいため感染に気づかず、子宮頚管炎から卵管炎へと感染が進行してしまうことがあります。

感染しているかどうかは血液検査で簡単にわかるので、もし陽性となった場合は夫婦で抗生物質を飲んで、治療しましょう。

クラミジア感染症は他にも卵管采癒着や卵管留水症などの原因となり、知らず知らずのうちに不妊につながることが多い性感染症だと言われています。

 

抗透明帯抗体

 

子宮や卵巣の機能そのものには以上がないのに妊娠できない原因の1つに抗透明帯抗体というものがあります。

通常卵子は透明帯に包まれているのですが、受精時には精子がこの透明帯を壊して進入。

しかし抗透明帯抗体の場合は精子の進入を阻害するため受精することができず、妊娠することはできません。

>>不妊原因ランキングTOP3をご紹介!

 

妊娠しやすい体を作るには食生活から見直す事

不妊 原因不明

 

信頼できるクリニックで検査や治療を受けると同時に見直したいのが、毎日の生活習慣です。特に食生活、食習慣は妊娠しやすい体作りのために大切。

気をつけるポイントをご紹介しますから、今日から実践してください。

 

標準体重がベスト

 

無理なダイエットを続けていたら生理不順になってしまった。

そんな経験のある方は多いのではないでしょうか。

極端なカロリー制限は、ホルモン分泌や生理周期に悪影響を及ぼすので避けましょう。

しかしたくさん食べればいいというわけでもなく、太り過ぎも不妊につながるケースも。最も妊娠に適した体重はBMI20~24と言われています。

BMIとは体重(kg)と身長(m)で2回割ったもので、健康診断でも使われるおなじみの数値。

妊娠を望むならこの数値が20~24の間におさまるように体重をキープしましょう。

またこの適正体重は女性だけの話ではありません。

男性も太り過ぎや痩せ過ぎだと生殖能力がダウンすると言われています。

妊娠を望むならご夫婦で適正体重を維持するように心がけてください。

 

妊娠しやすくなる栄養素とは?

不妊 原因不明

 

外食や加工食品の多い食生活だと、摂取カロリーは足りていても、大切な栄養素は不足しているケースも。

妊娠を望んでいるのなら、これまで以上に栄養バランスに気をつける必要があります。

また特に積極的に摂取したい栄養素をご紹介します。

 

葉酸

 

妊娠を望んでいるのなら摂るべき栄養素として有名なのが、葉酸。

厚生労働省は、妊娠の1ヶ月以上前から1日400マイクログラムの葉酸を補助的に摂取することをすすめています。

葉酸をしっかり摂取することで「神経管閉鎖障害」という胎児の先天奇形を予防する効果が期待できます。

葉酸を豊富に含んでいるのは、モロヘイヤ、枝豆、ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃなど。

またエリンギ、まいたけ、えのきなどのキノコ類にも多く含まれています。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱い成分なので、調理方法には気をつけて。

食品だけでなく葉酸を含んだサプリメントも利用すると効率よく摂取できるのでおすすめです。

>>夫婦揃っての使用がお勧め葉酸サプリ”愛され葉酸”

 

亜鉛

 

細胞の分裂や増殖をサポートし体全体の健康に関係しているミネラルが亜鉛です。

妊娠を望んでいる方にはうれしい効果がたくさんある成分。

女性はもちろん男性も積極的に摂りたい栄養素です。

亜鉛を豊富含んでいる食品は、牡蠣、牛肉。チーズ、卵黄、たらこなど。

毎日確実に摂取するためには、栄養バランスのよい食事に亜鉛のサプリメントをプラスするのもいいでしょう。

 

女性への効能は?

 

亜鉛はホルモンの分泌に深く関係。

卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促進し、卵子の老化を防ぐ働きがあると言われています。

 

男性への効能は?

 

亜鉛は精液を増やす働きがあると言われています。

精子の運動を活発にし、外部の刺激からもガード。

亜鉛不足が続くと性機能自体が低下してしまいます。

 

大豆イソフラボン

 

大豆の胚芽部分に多く含まれる植物ポリフェノールの一種で、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われています。

生理周期やホルモンバランスを整える大切な栄養素。

豆腐、納豆、豆乳など手軽に摂れる食品に豊富に含まれているのもうれしいですね。

 

嗜好品に注意

不妊 原因不明

 

妊娠に影響が出ると言われている嗜好品についてご紹介します。

 

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには、摂りすぎると体を冷やす作用があると言われています。

体が冷えてしまうと子宮内膜が厚くなりにくく、受精卵が着床しにくい状態に。

妊娠を望んでいる期間はコーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。

1日1~2杯くらいが目安です。

 

アルコール

 

アルコールの飲み過ぎは、生理周期の乱れにつながると言われているので注意しましょう。

しかし妊活中、不妊治療中はストレスもたまるもの。

食事をしながら夫婦で軽くワインを楽しむといったアルコールなら心身ともにリラックスできて妊娠にも効果的かもしれません。

 

煙草

 

煙草に含まれる成分は卵子の老化を加速させる作用をと言われています。

また、妊娠後の喫煙は血管の収縮の原因になるため、お腹の中の赤ちゃんに栄養が十分に届かず、流産や低体重児のリスクを高めることに。

自分は喫煙しなくてもご主人が煙草を吸っていれば受動喫煙の恐れがあるので、ご夫婦で一緒に禁煙することをおすすめします。

 

赤ちゃんとママを一番に考えた葉酸サプリ”愛され葉酸”とは?

不妊 原因

 

「赤ちゃんとママのことを一番に考えたサプリメント」である愛され葉酸は、元モーニング娘。の後藤真希様ご愛用の葉酸サプリメントです。

妊活中の夫婦揃っての使用がお勧めです。

「体の基盤を作り上げる」を目標に、些細な変化にも敏感な女性の身体をサポートすることを目的に考えられました。

女性は些細な変化にも敏感ですので身体の基盤をしっかり作り上げることが重要になります。

葉酸は妊娠を計画している女性または妊婦の可能性がある女性に対して1日400μg摂取するように推奨されている成分であり、元気なからだに欠かせないビタミンB群の一種です。

葉酸の種類はご存知ですか?

不妊 原因

1日の摂取量(3粒)に吸収率の良いモノグルタミン葉酸400μg・鉄分15mg・女性の産道から発見されたヒト由来のクリスパタス乳酸菌を300億個配合。

その他にもカルシウム・ポリアミン・DHA・ビタミン・ミネラル等を配合しています。安心全安全のGMP認定工場で製造・放射能検査実施済みです。

なんと今、定期購入特別価格で!

おトクな定期コース 通常¥7,980円のところ、初回購入¥980円(税抜)で購入可能!

自信があるからこそ、この価格設定を実現しました。

是非お試し体感してみて下さいね!

>>公式HPはこちら<<

 

“愛され葉酸”利用者の口コミは?

R.Tさん

R.Tさん
飲みやすいのがうれしかった!
このサプリは小粒で飲みやすく、しかもレモンのようなさわやかな香りがしていてすんなり飲むことができました。
嬉しいです!!
DHAやカルシウム等他にも赤ちゃんにいい成分が入っていてとても良いと思いました!
これからも飲み続けます。
出産まで待ち遠しいです!
M.Kさん

M.Kさん
なるべくナチュラルサプリを…と考えていました。
とにかく赤ちゃんのためのサプリなんだから、ナチュラルなものにこだわりたいと思っていました。
このサプリはナチュラルなものにこだわってるのはもちろん、重要な成分もきちんと入っていて選んで良かったと思っています。
赤ちゃんともうすぐ会える予定です。
楽しみです。
A.Sさん

A.Sさん
産後も続けようと思います!
はじめは葉酸はもちろん、鉄分、カルシウム等たくさんのサプリメントを飲んでいました。
でも何粒も何種類も飲むのは面倒だし、お金もかかります。
そんな時、このサプリを友人から紹介されました。
1種類のサプリメントでたくさんの栄養やミネラルが詰まってると聞き、すぐにためしてみました。
それに自然の成分が使われていて安心できます。
授乳中も飲み続けたいと思います。

 

不妊 原因

 

まとめ

不妊 原因不明

 

一口に原因不明の不妊と言っても、その原因は1人1人違います。

まず信頼できるクリニックで詳しい検査を受けることから始めましょう。

そうすると、検査結果・年齢などによって、様々な治療の選択肢が見つかります。

また、妊娠しやすい体を作る事を1番心掛けていく事が大切になってきますので、食生活には十分に注意していきましょう。

>>定期コースの前にまずはお試し初回980円で購入可能

関連記事

不妊 原因 ランキング

不妊原因ランキングTOP3をご紹介!

不妊 原因 男性

不妊原因は男性にもある?

不妊 原因 ストレス

不妊原因にストレスが大きく関係する?

不妊 原因 女性

不妊原因は女性にあるの?