不妊原因にストレスが大きく関係する?

不妊 原因 ストレス
Pocket

ストレスが妊活中の夫婦の妨げに!

今回は不妊原因の1つストレスについて詳しくご説明していきます。

男性・女性にストレスがどんだけ妊活の妨げになってしまうのか知りたいですよね。

生活習慣・意識・栄養管理を変えるだけで妊活に大きな1歩をもたらすかもしれませんよ。

それでは早速、不妊原因の1つストレスについて詳しくお届けしていきます。

また、最後に妊活中の夫婦にお勧めサプリのご案内もしていますので、是非利用してみて下さいね。

最後までしっかりご覧ください!

ストレスで不妊になる原因と対策

不妊 原因 ストレス

 

ストレスで胃が痛い、頭痛がする、肌が荒れぎみ。

こんな経験をされたことのある方は多いのではないでしょうか。

このように私達が毎日の生活の中で感じるストレスは、健康や体調に大きく影響します。

そして生殖機能にも深く関係。

例えば環境が大きく変わって生理周期がずれた、とてもショックなことがあり生理が遅れた。これも女性なら思い当たることですね。

日々受け続けるストレスは生殖機能に影響し、不妊の原因にもなります。

 

ストレスが原因になる女性の不妊

 

ストレスで女性の不妊が起きる仕組みについてご紹介します。

関連記事:不妊原因は女性にあるの?

 

女性のホルモンバランスは複雑で繊細

 

実はストレスが原因で不妊になるケースは、男性よりも女性の方が多いと言われています。

それは、女性の体内のホルモンバランスが男性よりもとても複雑なため。

身体の機能を調節する重要な働きをしているのがホルモンですが、女性は生理周期に合わせてホルモンのバランスが複雑に変化します。

逆に言うと、ホルモンの絶妙な連携プレイによって毎月の生理周期が作られているのです。

もちろん男性の体内でもホルモンが働いていて、身体の機能を調節していますが、毎月の生理がない男性のホルモンバランスの変化は複雑ではなく女性よりもシンプル。

ですから大きなストレスを受けたり、ストレスを感じる状況が長く続くと、ホルモンの分泌に影響が出て、ホルモンのバランスが乱れてしまうことがしばしばあります。

ホルモンバランスがとても繊細で複雑な女性の場合は、少しのホルモンバランスの乱れが他のホルモンの働きにも大きな影響を与え、生理や排卵などのリズムも崩れてしまいます。

ストレスは女性にとって、とても深刻で危険なもの。ストレスが子供ができない大きな原因になってしまうこともあります。

 

ストレスがホルモンの司令塔視床下部の働きにブレーキをかけてしまう

 

女性の身体は毎月1つの卵子を成熟させて、排卵させるという大切な仕事をしています。そのメカニズムはこのようなものです。

 

卵胞期

 

視床下部から性腺刺激ホルモンが分泌されます。

このホルモンが脳下垂体に卵胞刺激ホルモンを分泌するように指令を出します。

卵胞刺激ホルモンは卵巣に働きかけて数個の卵胞の発育を促します。

その卵胞は発育するにつれて卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌し、子宮内膜を増殖させます。

 

排卵期

 

周期の中頃になると卵胞のうちの1個だけが成熟し、他の卵胞が退行。エストロゲンは急増します。

このエストロゲンがある量に達すると、卵胞刺激ホルモンが減少し、黄体形成ホルモンが急激に分泌されます。黄体形成ホルモン分泌のピーク約16時間で排卵が起きます。

 

黄体期

 

排卵した後の卵胞は黄体に変わり、黄体ホルモンとエストロゲンを分泌します。

この黄体ホルモンの働きにより基礎体温が上昇して高温期に。子宮内膜は厚く、やわらかくなります。

この黄体機能は、妊娠が成立すると引き続き維持されますが、妊娠しないと黄体は退行し、黄体から分泌されていたホルモンは減少していきます。

 

月経

 

黄体ホルモンの分泌が減り、基礎体温が下降。子宮内膜がはがれ、血液と一緒に排出されるのが月経です。

妊娠をしていない場合は、このサイクルが周期的に繰り返されます。生理不順の時や生理周期が乱れている時は、これらのホルモンが正常に働いていないということになります。

当たり前のように思える毎月の生理、排卵は、身体の中での、脳視床下部・脳下垂体・卵巣の3つの器官の複雑な連携が成功しているから初めて成り立っていることだと言えます。

ですからどこか1つの働きに異常が出ただけでも、毎月の生理、排卵は乱れてしまいます。

しかしこの3つの器官の中で、脳視床下部は排卵と生理のコントロール以外にも生命活動の維持という重要な役割を担っています。

ですから大きなストレスを受けた場合には、脳視床下部は生命活動の維持を何よりも優先するように働きます。

そのため排卵と生理のコントロールは後回しに。この状態が続くと排卵や生理に異常が起こり、最悪の場合には排卵が停止して不妊の原因なってしまします。

また排卵は起きて受精卵は作られても子宮内膜の状態が整わず、着床障害になってしまうことも。

ホルモンバランスが乱れて不妊になるというのはこのような状態です。

>>後藤真希がご愛用の”愛され葉酸”が初回980円で購入可能

 

ストレスは卵子の老化の原因に

不妊 原因 ストレス

 

ストレスはホルモンバランスを乱す以外にも卵子の老化を進めてしまうと言われています。

でも卵子は毎月新しいものが作られるわけなのだから、老化しないのでは?そんな疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに健康な女性には、約1ヶ月ごとに排卵が起こります。

しかし実は、卵子は排卵のたびに作られているわけではありません。

卵子のもとになっている卵母細胞は、胎児のときに作られた後には増えることがないのです。

胎児期には、約500万個の卵母細胞があると言われています。

この卵母細胞の数は、成長とともに減少し続けて思春期には数万個位の数になるそう。

身体が年を取っていくのに合わせて、残っている卵母細胞も年をとります。

年を取った卵母細胞は若い卵母細胞より、さまざまな異常が起こる確率が高くなります。卵母細胞から作られる卵子にもその悪影響が伝わるため、卵母細胞が老化すると卵子の質も悪くなり不妊の一因に。

妊娠成立しても、老化した卵子だと流産や先天性異常が起きてしまうこともあります。

卵子を老化させる要因は加齢以外に活性酸素という物質があります。

活性酸素は健康に悪影響を与える物質として注目されているので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

活性酸素とは、そのままの状態で維持されにくい不安定な酸素のことをいいます。

人間の体の中では日常的に活性酸素が作られているのですが、活性酸素はその不安定さのために、他の物質の一部を奪ってでも安定しようとします。

そのため体内においては、細胞などの一部を傷つけてしまうことがあります。

活性酸素によって物質の一部が壊されることを酸化といいます。

身近な例で言うと、リンゴの切り口が空気に触れると茶色に変色しますよね?あれが酸化です。

活性酸素が体内の細胞を酸化させると、酸化した細胞は壊れてしまいます。

健康的な細胞が減ると老化や病気の原因になるので、活性酸素対策はとても重要です。

大きなストレスを感じたりストレスのある状況が長く続くと、体内ではこの活性酸素が多く作られます。

活性酸素は身体のあらゆる細胞を攻撃して酸化させるので、卵母細胞にもダメージを与え、卵子の老化を進めてしまします。

卵子が老化していると受精率や着床率が低下するので、不妊の大きな原因になります。

 

卵子の老化は不妊の大きな原因

 

卵母細胞は、胎児の時に全部が作られてそれからは新しく作られることがないので、年齢を重ねるとともに卵母細胞は老化し、それに合わせて卵子も老化していきます。

20代頃の若いうちは卵子の老化はあまり影響がありませんが、35歳以降になると卵子の老化は妊娠確立に深刻な影響を与え不妊の大きな問題になります。

ストレスが活性酸素を発生させ卵子の老化を進めてしまうと、年齢の影響以上に年齢以上に卵子が老化。

ますます妊娠しにくくなってしまいます。

関連記事:不妊原因ランキングTOP3をご紹介!

 

不妊の原因になるストレスを解消するために

不妊 原因 ストレス

 

睡眠の時間・睡眠の質を改善する

 

自律神経のリズムを整えるためにも睡眠はとても大切。

忙しいとなかなか難しいかもしれませんが、できれば毎日同じ時間にベッドに入り、同じ時間に起きるような規則正しい生活が理想です。

12時前には寝るようにし、睡眠時間は6~7時間位がいいでしょう。

寝不足の日があったり寝だめをするような日があるのは、体にも負担がかかり睡眠の質も悪くなると言われています。

心身ともに疲れることが多い不妊治療中は、睡眠のリズムを整えることがストレスをためないため基本です。

 

深い睡眠が女性ホルモンの分泌を促進

 

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠という2種類があるのを聞いたことがあるでしょうか。

レム睡眠とは簡単に言うと浅い眠りのことです。体は横になって休んでいても脳が活発に動いている状態。ノンレム睡眠は深い眠りのことで、脳も体もゆっくりと休んでいる状態です。

私達がベッドに入ると睡眠はまずノンレム睡眠から始まります。その後、レム睡眠とノンレム睡眠が約90分のサイクルで交互に繰り返されます。

起きる時間が近づくとノンレム睡眠は少しずつ浅くなっていき、脳は少しずつ目覚めていきます。

この深い眠りノンレム睡眠と女性の体や妊娠には深い関係があると言われています。人間の体は、ノンレム睡眠の時に成長ホルモンが分泌されるのですが、この成長ホルモンには他のホルモンを調整する働きもあります。

妊娠が成立するためには体内で女性ホルモンがきちんと分泌している必要があるのですが、成長ホルモンはこの女性ホルモンの分泌も促進。

身体の状態が妊娠しやすくなるように整えてくれると言われています。

 

睡眠ホルモンが活性酸素を抑制

 

就寝時間の1~2時間前から睡眠時かけて分泌されるメラトニンという名前のホルモンがあります。

メラトニンは身体のリズムを整え健康を守る睡眠ホルモンと呼ばれ、妊娠にいい影響を与えると言われています。

睡眠ホルモンメラトニンは、卵子を攻撃する活性酸素を抑える働きがあると言われています。

睡眠不足などで睡眠ホルモンがきちんと分泌されないと、活性酸素によるダメージで卵子の成熟が妨げられると言われています。

睡眠ホルモンの分泌のためには、寝る1~2時間前はテレビやパソコン、スマートフォンなどから離れてゆったりと過ごすようにしましょう。

>>夫婦揃っての使用がオススメ葉酸サプリ”愛され葉酸”

 

パートナーとのコミュニケーションを大切に

不妊 原因 ストレス

 

度々の通院、受診、検査。検査や治療でかかる高額な費用。妊娠を焦る気持ち。…時間的、金銭的にも負担が多い不妊期間中は、イライラすることも多く、夫婦間の間がギクシャクすることも多くあります。

男性不妊を克服し不妊治療で3人のお子さんに恵まれたダイヤモンドユカイさんは、夫婦でぶつかりあって離婚の話まで行ったことがあると語っています。

妊娠や不妊治療のことで頭がいっぱいになり、夫婦関係が悪くなってしまうことは珍しいことではありません。

これではますますストレスが増えて妊娠しにくくなってしまいます。

 

2人の時間を楽しもう

 

食事、旅行、映画など、不妊治療を離れて2人の時間を楽しむデートをしましょう。愛情が深まり気持ちが安定するとホルモンバランスが整うと言われています。

不妊治療を経て妊娠に成功したご夫婦には、不妊治療を忘れて2人で出かける機会を増やしていたら思いがけず妊娠したという方も多くいらっしゃるようです。

 

適度な運動習慣を

 

ストレス解消に役立つ働きをするエンドルフィンというホルモンがあります。

スポーツを楽しんで汗を流すと、脳内にエンドルフィンが分泌され、ストレスが発散され気持ちが落ち着くと言われています。

また運動することで血行が良くなり、冷えも改善されやすくなるので、女性ホルモンの分泌もよくなるそうです。

 

妊活ヨガ

 

妊活中のおすすめのポーズを集めた妊活ヨガもあります。

ヨガのポーズは骨盤のゆがみを整えるので、子宮、卵巣の働きを活発にすると言われています。

呼吸法でリラックスしながら、ホルモンバランスも整うので一石二鳥と言えるでしょう。

クリニックで妊活ヨガを開催しているところもありますが、DVDを見ながら自宅でゆっくりとヨガを楽しむのもいいですね。

関連記事:不妊の原因不明について

 

ストレスが原因になる男性の不妊

不妊 原因 ストレス

 

ストレスで不妊になるのは女性だけではありません。

ストレス社会と言われる現代、男性にもストレスが原因で不妊になっている方が増加しているそうです。

関連記事:不妊原因は男性にもある?

 

ストレスで男性ホルモンの分泌が低下

 

男性の活力の源とも言われているテストステロン。

精巣内で作られ分泌され、男性の性機能をコントロールしているとても大切なホルモンです。

しかし大きなストレスを受けたり、ストレスを感じる状況が長く続くと、テストステロンの分泌量は低下。

テストステロン値が低下すると、男性の精液中の精子数が減少したり、精子の運動率が低下してしまうだけでなく、精力が減退したり、勃起不全(ED)を引き起こしてしまうこともあります。

妊娠が成立するためには、精子の質、数、運動能力がとても重要になります。

ストレスによって不調が起きると、卵子までたどりつき、卵子に進入し受精を成功させる力のある精子を作ることができなくなってしまいます。

現代の男性は昔の男性に比べて精子の数、質が悪化しているというデータもあります。これはストレスが大きな原因になっている可能性があります。

 

ストレスがあると不妊治療も成功しづらい

 

ストレスを発散できる機会を持てずに蓄積していってしまうと、生殖機能にも影響が出てくると言われています。

仕事や生活習慣などで男性のストレスが大きい夫婦は、ストレスが比較的少ない夫婦と比べると妊娠までにかかる期間が長かったという研究結果も出ているそうです。

しかし社会生活を送っていく上でストレスをゼロにすることは不可能でしょう。できるだけ上手にストレスと付き合い、ストレスを発散する方法も持つことが大切。ストレスを克服することが不妊治療の第一歩と言えるかもしれません。

 

ストレスで増える活性酸素は精子を攻撃する

 

ストレスを受けると体内で増える活性酸素は、卵子と同じように精子も攻撃します。

ストレスの多い生活を送っている男性は活性酸素を消去する働きのある栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

食事だけでは不足する場合はサプリメントを利用すると効率的です。

 

ビタミンE

 

優れた抗酸化作用のある脂溶性のビタミンです。

女性ホルモンの代謝にも関係するので、ご夫婦で摂ってもいいですね。

 

ビタミンC

 

水溶性のビタミンで、細胞内で活性酸素を消す働きをします。

 

ビタミンB2

 

すでに酸化されてしまったものの分解や代謝を助けるビタミンです。

 

男性不妊と言われたことのストレス

不妊 原因 ストレス

 

不妊の原因が自分にあるという診断を受けた時の男性のショックは、女性よりも大きいと言われています。

男であることを否定されてしまったように感じたと言っている人もいます。

不妊の原因あること、不妊治療を受けていること自体がストレスになってしまうと、ますます妊娠しにくくなってしまうことに。

ご夫婦でよくコミュニケーションをとり、お互いの気持ちを理解するようにしながら過ごすことが大切です。

 

男性が妊娠しやすい体を作るには?

不妊 原因不明

 

信頼できるクリニックで検査や治療を受けると同時に見直したいのが、毎日の生活習慣です。

特に食生活、食習慣は妊娠しやすい体作りのために大切。

気をつけるポイントをご紹介しますから、今日から実践してください。

 

標準体重がベスト

 

無理なダイエットを続けていたら生理不順になってしまった。

そんな経験のある方は多いのではないでしょうか。

極端なカロリー制限は、ホルモン分泌や生理周期に悪影響を及ぼすので避けましょう。

しかしたくさん食べればいいというわけでもなく、太り過ぎも不妊につながるケースも。最も妊娠に適した体重はBMI20~24と言われています。

BMIとは体重(kg)と身長(m)で2回割ったもので、健康診断でも使われるおなじみの数値。

妊娠を望むならこの数値が20~24の間におさまるように体重をキープしましょう。

またこの適正体重は女性だけの話ではありません。

男性も太り過ぎや痩せ過ぎだと生殖能力がダウンすると言われています。

妊娠を望むならご夫婦で適正体重を維持するように心がけてください。

 

妊娠しやすくなる栄養素とは?

不妊 原因不明

 

外食や加工食品の多い食生活だと、摂取カロリーは足りていても、大切な栄養素は不足しているケースも。

妊娠を望んでいるのなら、これまで以上に栄養バランスに気をつける必要があります。

また特に積極的に摂取したい栄養素をご紹介します。

 

葉酸

 

妊娠を望んでいるのなら摂るべき栄養素として有名なのが、葉酸。

厚生労働省は、妊娠の1ヶ月以上前から1日400マイクログラムの葉酸を補助的に摂取することをすすめています。

葉酸をしっかり摂取することで「神経管閉鎖障害」という胎児の先天奇形を予防する効果が期待できます。

葉酸を豊富に含んでいるのは、モロヘイヤ、枝豆、ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃなど。

またエリンギ、まいたけ、えのきなどのキノコ類にも多く含まれています。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱い成分なので、調理方法には気をつけて。

食品だけでなく葉酸を含んだサプリメントも利用すると効率よく摂取できるのでおすすめです。

 

赤ちゃんとママを一番に考えた葉酸サプリ”愛され葉酸”とは?

不妊 原因

 

「赤ちゃんとママのことを一番に考えたサプリメント」である愛され葉酸は、元モーニング娘。の後藤真希様ご愛用の葉酸サプリメントです。

妊活中の夫婦揃っての使用がお勧めです。

「体の基盤を作り上げる」を目標に、些細な変化にも敏感な女性の身体をサポートすることを目的に考えられました。

女性は些細な変化にも敏感ですので身体の基盤をしっかり作り上げることが重要になります。

葉酸は妊娠を計画している女性または妊婦の可能性がある女性に対して1日400μg摂取するように推奨されている成分であり、元気なからだに欠かせないビタミンB群の一種です。

葉酸の種類はご存知ですか?

不妊 原因

1日の摂取量(3粒)に吸収率の良いモノグルタミン葉酸400μg・鉄分15mg・女性の産道から発見されたヒト由来のクリスパタス乳酸菌を300億個配合。

その他にもカルシウム・ポリアミン・DHA・ビタミン・ミネラル等を配合しています。安心全安全のGMP認定工場で製造・放射能検査実施済みです。

なんと今、定期購入特別価格で!

おトクな定期コース 通常¥7,980円のところ、初回購入¥980円(税抜)で購入可能!

自信があるからこそ、この価格設定を実現しました。

是非お試し体感してみて下さいね!

>>公式HPはこちら<<

 

“愛され葉酸”利用者の口コミは?

R.Tさん

R.Tさん
飲みやすいのがうれしかった!
このサプリは小粒で飲みやすく、しかもレモンのようなさわやかな香りがしていてすんなり飲むことができました。
嬉しいです!!
DHAやカルシウム等他にも赤ちゃんにいい成分が入っていてとても良いと思いました!
これからも飲み続けます。
出産まで待ち遠しいです!
M.Kさん

M.Kさん
なるべくナチュラルサプリを…と考えていました。
とにかく赤ちゃんのためのサプリなんだから、ナチュラルなものにこだわりたいと思っていました。
このサプリはナチュラルなものにこだわってるのはもちろん、重要な成分もきちんと入っていて選んで良かったと思っています。
赤ちゃんともうすぐ会える予定です。
楽しみです。
A.Sさん

A.Sさん
産後も続けようと思います!
はじめは葉酸はもちろん、鉄分、カルシウム等たくさんのサプリメントを飲んでいました。
でも何粒も何種類も飲むのは面倒だし、お金もかかります。
そんな時、このサプリを友人から紹介されました。
1種類のサプリメントでたくさんの栄養やミネラルが詰まってると聞き、すぐにためしてみました。
それに自然の成分が使われていて安心できます。
授乳中も飲み続けたいと思います。

 

不妊 原因

 

まとめ

不妊 原因 ストレス

 

不妊原因の1つストレスについて詳しくお届けしてきましたが、いかがでしたか?

ストレスの多い現代の生活は、女性ホルモンにも男性ホルモンにも悪影響を与え、不妊の原因になっていることも多いと言われています。

また何かと負担の多い不妊治療自体がストレスになってしまうこともあります。

ストレスを上手に発散する方法を夫婦で一緒に見つけるのが不妊治療成功の第一歩と言えるかもしれません。

それでは皆さん不妊の知識を養い、妊活をしっかり行っていきましょう!

>>定期コースの前にまずはお試し初回980円で購入可能

関連記事

不妊 原因 女性

不妊原因は女性にあるの?

不妊 原因 ランキング

不妊原因ランキングTOP3をご紹介!

不妊 原因 男性

不妊原因は男性にもある?

不妊 原因不明

不妊の原因不明について